ご挨拶

山口 和大工業製品は作られた時が一番強度があり、その後は時間の経過とともに強度は落ちていきます。それに対しまして自然乾燥された材木は、時間の経過とともに強度は上がっていきます。

樹齢100年の桧は伐採されてから100年後が最も引張強度・圧縮強度が増しており、300年位その状態を保ったのち、緩やかに強度が落ちていくという研究結果もあります。

古民家に使われている古材は強度が最も増しており円熟している状態だと言えます。そういう古材を捨てずに再利用することは、環境面の視点からみてもいいことだと思います。 新民家はそのような古材を建物の一部に再利用することはもとより、その新民家自体も将来古民家となる家のことを言います。新民家は先人が培ってきた家づくりを学び、国産の自然乾燥材を使うことが大前提でありますので、日本の豊富な森林資源を有効に活用し元気な山を取り戻すことにもつながってきます。

未来の子どもたちのために、生き生きとした山を残していくとともに、日本の住文化を残していくことに貢献できればと思っております。

福岡県新民家推進協会 会長 山口 和大